【百年桜町奇譚】登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※以下順不同(後で整理)

桜月黎(さくらづき れい)

本作主人公。高校一年、女子。無気力で無愛想で卑屈な性格、だが冷血というわけでもない。
容姿は普通かそれ以下と自認。長い髪で顔が半分隠れているので非常に暗い奴に見える。

イオ(I/O)

自称・電子の妖精。物事なんでも白黒付いていないと気が済まないかのように、言うことには容赦と妥協が無い。
完璧すぎる美貌・スタイルを持ち、若葉色の豪奢な髪も非現実的ながら美しい。但し新調は15㎝くらい。

榊識視(さかき しきみ)

有り余る才覚ゆえに人としての価値を誰からも忘れられた天才。文武両道、眉目秀麗。
苦手な分野は無くあらゆる方面で最高峰の成績を出す。いつしか世間は彼女の人格を問わなくなった。

聖園巳祷(みその みのり)

高度頭脳団体『MISONO THINKTANK』の筆頭、聖園家の令嬢。双子の妹。
誕生日の関係で双子の姉とは学年が違う。桜月黎のクラスメイト。

聖園架折(みその かおり)

巳祷の双子の姉。誕生日の関係で一つ学年の学年に在学している。
霊界堂神無と同じクラス。榊識視とは学外からの知人関係。

霊界堂神無(れいかいどう かんな)

百年桜市で有数の資産家の娘。行方一とは恋人関係。
礼儀作法をわきまえた生粋のお嬢様であるが、独占欲が強すぎる傾向にある。

行方一(なめかた すすむ)

とある旧家の長男。霊界堂神無と恋人関係。
外見・成績・運動神経、何をとっても平凡。特徴が無い事が特徴。だが何故か彼の周りには女性が多い。

噺心縁(はなし みより)

百年桜市の情報通。市内のあらゆる噂話をまるで見てきたかのように語る。
普段は抑揚のない無機質なしゃべり方をするが、噂話を披露するときだけは活き活きとした調子になる。