トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

株式会社アクション

株式会社アクションの戦略マーケティング事業部

「マーケティング戦略最適化=M.S.O(無双)」
現代メディアを活用したハイレベルなAIDMAを実現。
消費行動のプロセスが細分化され、よりきめの細かいアプローチが可能に。

株式会社アクションのマーケティング戦略最適化(M.S.O)

株式会社アクションはメディアの特性を活かした、最適なマーケティング戦略をご提案いたします。
  • Attention…注意
  • Interest…興味
  • Desire…欲求
  • Memory…記憶
  • Action…行動

株式会社アクションのM.S.O=無双 他案が無い程に最適化されたマーケティング戦略

ご存知の通り、この数年で日本の消費文化は大きく変貌を遂げています。伴って、企業のマーケティング戦略も大きく変貌しています。従来のようなマスメディアによるリーチ力(告知力)が圧倒的な強みを発揮していた時代から、消費者自身による情報(クチコミ)から新しい商品が認知され、その購入の後押しをする時代への変遷です。

新しいマーケティング戦略に対しての議論は尽きません。とはいえ、株式会社アクションは、消費者が商品を「認知」し「感情移入」し「行動」するという消費者心理の原理原則にまでその変化が及ぶとは考えていません。むしろ、インターネットメディアの拡がりによって、従来のマーケティング手法では実現できなかったハイレベルな「AIDMA」が実行可能な時代になったと理解しています。さらに、インターネットの普及により、消費者と事業者との距離は圧倒的に縮まり同様に、消費者が商品を認知し購入にいたるまでの時間も縮まっています。

また、消費者は購入して得た情報を自ら発信、共有することが増えたためクチコミの伝達速度も飛躍的に高まっています。これらを効果的に活用すること、すなわちインターネットマーケティングの重要性が指摘されるのはこの点が大きいと考えています。

しかし一方で、インターネットは誰にでも情報の発信が可能であり消費者は情報の信頼性にリスクを感じていることは否めません。それゆえに、テレビや雑誌、ラジオなどのマスメディアによるパブリシティ効果(商品の信頼性UP)や、CM等による圧倒的なリーチ力は、インターネット上でのマーケティング活動を大きく補うことが期待されます。株式会社アクションは、これらの特性を理解し、プロモーションを最適化することを最大のテーマとしてマーケティング戦略を立案しています。

今、物があふれ、情報があふれ、消費者は何を選べばよいのか。株式会社アクションは消費者の視点に立って、最適なプロモーションプランを考えます。

Marketing Strategy Optimization(マーケティング戦略最適化)これが株式会社アクションのテーマです。


株式会社アクション