150122


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#152(2015.01.22)

  • 田辺留依
日本の女性声優である。スタイルキューブ所属。1997年5月23日、東京都生まれ。埼玉県出身。2012年5月に開催された第1回スタイルキューブ声優オーディションに合格し、2013年に『しろくまカフェ』のヤマアラシファンクラブ役で声優デビュー。2014年に『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』の須藤セシル役で初めて主役を務める。また、同アニメではエンディングテーマ「BLUE TOPAZ」を担当し歌手デビュー。
  • 武内P
アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)に登場する 俺ら 「プロデューサー」の通称である。『THE IDOLM@STER』の一連の世界において「プロデューサー」とはプレイヤーの分身となる主人公キャラクターである。ゲーム内では「〜〜〜P」と自分の名前を設定出来るが、周囲のキャラクターからはその名前は呼ばれず基本的に「プロデューサー」とのみ呼ばれる。2015年1月から放映されたテレビアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』においてもそこを踏襲したため「プロデューサー」である彼は周囲から名前で呼ばれることはなく、EDクレジットでも「プロデューサー」とのみ表記されている。(ちなみに、1話で島村卯月に渡した名刺には、個人名がなく「株式会社346プロダクション シンデレラプロジェクトプロデューサー」とのみ記載されている)
しかしアイマス界隈においては「プロデューサー=ゲームプレイヤーおよびファンの総称」でもあるため、彼を他と区別するために「武内P」と呼ばれるようになった。命名の由来は、彼のCVが武内駿輔であることから。これはテレビアニメ『アイドルマスター』における「赤羽根P」など、個人名の設定が存在しないプロデューサーの命名法を踏襲したものである。
  • 武内駿輔(たけうち しゅんすけ)
日本のベテラン男性声優である。好きな有名人はGACKT。81プロデュースに所属し、同事務所所属の若手が担当するラジオ番組「ニッポン朗読アカデミー」に「出席番号6番、おっさん声の17歳」というキャッチフレーズで出演している。そのフレーズの通り、10代の若手とは思えない渋く落ち着いた声質が特徴。顔も微妙に老け顔である(ちなみに「ニッポン朗読アカデミー」の生徒紹介では「ふけてる後輩」と紹介されている)。同ラジオの過去回によれば、生年月日は1997年9月12日。
  • レオン・三島(Leon Mishima)声優:杉田智和
マクロス・フロンティア船団の行政府の大統領首席補佐官。ハワード・グラスの右腕で、秘書官のハワードの娘キャシーとは恋仲(TV版のみ)。若年齢ながら参謀の地位に付き、その手腕を見込まれて補佐官となった。単なる政治家でなく、軍関係との癒着も強く、その知略と野心をもってフロンティア船団の支配力を強めていく。
  • 「微かな密かな確かなミライ」(かすかなひそかなたしかなミライ)
スフィアの楽曲。古屋真が作詞、森谷康昭が作曲を手掛けた。スフィアの15枚目のシングルとして2014年5月14日にGloryHeavenから発売された。タイトルはメンバー内での呼称時「微かな」と「密かな」が紛らわしいため「かひた」と略しているという。本曲は、テレビアニメ『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のエンディングテーマに起用された。切なさを感じさせるかっこいい曲で、戸松遥は本作を「具体的な目標に向かって進んでいく歌」と述べている。歌詞には「推定100時間の涙」のようにややファンタジー的なフレーズが盛り込まれている。ちなみに豊崎愛生は他のメンバーよりもウィスパーを多く録ったという。なおデモを聴いた時今まで以上に音の幅が広かっため、メンバー全員が歌う様子を期待したという。メロディはAメロは高垣彩陽曰く「足が地に着く」ような感じで、Dメロでは各メンバーがワンフレーズずつ歌っている。
  • くっ…殺せ!
女騎士がオークに陵辱される際の決まり文句である。略して「くっ殺」。女騎士はファンタジー系の創作物で人気があり、総じて気の強いキャラクターとして描かれている。女騎士のような気の強い女性が性的に屈服させられるシチュエーションを好む者は多く、官能系の漫画・ライトノベルやエロゲー等では定番となっている。
  • 「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」で姫騎士逃ゲテ~が紹介されました
  • @anigera_staff
今夜の放送もありがとうございました!次回のメールテーマは「あなたが好きなツインテールキャラは?」です!

コメント欄

  • てすと -- 名無しさん (2015-01-25 09:53:28)
名前:
コメント: