クリントン・B・スプーキー博士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリントン・B・スプーキー博士

アメリカ人科学者

年齢:65歳

世界中に名の知れた科学者。

専攻は遺伝子工学である。

論文【アヒルとゴキブリと人類の関わりについて】が、財団の目にとまり、勧誘され、所属することになった。

財団加入後の功績としては

  • 【透明人間になるために必要な手順】
  • 【吸血病に対するワクチン】
  • 【ムパに対する対処法】

などと、多岐にわたり、貢献している。

また、絵画を描くことを趣味としている。