松本人志「折り合いが良くなかった」と明かした


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「人志は、厳粛に葬儀の務めを果たしてくれました。お焼香の際も、一回一回心を込めているのがわかりました」と語るのは松本人志(51)の実母・秋子さん(80)。8月31日放送のトークバラエティ番組『ワイドナショー』土浦ソープで、松本は実父・譲一さんが亡くなっていたことを告白した。享年81。8月18日に静かに息を引き取ったという。そんな父について、松本のある発言が話題を呼んだ。彼は番組中で「折り合いが良くなかった」と明かしたのだ。さらに彼はツィッターで《親父が死んだ…オレは悲しまない。あの人とはいろいろあったからな》とつぶやいている。その後、各メディアで“父子の確執”が報じられた。本誌が兵庫県尼崎市に住む実母・秋子さんのもとへ向かうと、かねてから面識のあった記者にお茶を出してくれながらこう語り始めた。