唐紅 兎耶

――王であるこの僕に、絶対服従することこそが、このを変えるんだ。

 


プロフィール

名前 唐紅 兎耶
年齢 18歳
出身地 不明
身長 162cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 7月19日
趣味 ゲーム
特技 薬物の調合
武器 毒薬

赤軍(新興勢力「ルークス」)の若きボス。18歳。
部隊全体の指揮を執るのが、彼の本来の仕事であるが、彼が任命した少数精鋭隊、通称「親衛隊」に全てを一任している。
その傍ら、ルークスの悲願である目標に到達するための研究を日夜行っている。

図太くていい加減。
さらに、短気で残虐と、よくないイメージを持たれがちだが、頭は冴えていて、とても狡猾。
人の裏をかく戦略を練るのが得意。

彼もまた、るなと同じ強化人間であるが、彼は失敗作であり、廃棄処分されていた。
だが、死に損なってしまい、白軍に復讐してやろうと、蘇芳に拾われ、ルークスへ所属する。
その後、今の地位を獲得、メンバーの意識改革を行うために、ルークス内部で反乱を起こし、崩壊を起こしている。
ルークス崩壊後は、戦争の面白さを知り、力と恐怖で、この国の支配を目論む。

朱鷺にひそかに好意を持っており、親衛隊の中でも、彼のことを人一倍、気にかけている。


特徴

 荒ぶった赤い髪に、赤いヘッドドレスや帽子、ボンネットなどをつけている。
 瞳も髪と同じ赤色。少女に見間違えるほど華奢で小柄。

 服装はゴシック、クラシカルロリィタ。どちらかというと装飾華美で、派手なものを好むが、赤色のものしか着ない。普段着は王子様系。


関係

 柊 朱鷺(よその子):部下。両思い。
 カルロ(よその子):部下。年齢が近いので仲良し。

 蟻巣原 るな:自分と同類。敵視している。