セルビア・アルヴァージュ

――僕だって生きたい! きたいよ……!!

 


プロフィール

名前 セルビア・アルヴァージュ
年齢 15歳→17歳
身長 165cm
体重 51kg
血液型 B型
誕生日 8月14日
種族 人間
趣味
特技
武器 魔法術、近接格闘

 王都キリュウ出身、メルセディア育ちの少年。序章から登場。
 魔術の名家であるアルヴァージュ家の正統な血を引いており、王族・貴族の名門である魔術学校で大魔術師を目指している。
 魔術の技術と知識ともに秀でており、大魔術の素質を生まれながらに持つ。 

 短気で高飛車、高慢と、典型的お坊ちゃまな性格であるが、普段は割と知的でクール。
 怒ると途端に幼くなるが、理知的な考えができ、真面目な優等生タイプであるため、ヴァレスとの相性は良い。 

 両親は、幼い頃に吸血鬼にディストに殺害されているが、ヴァレスの魔術装置により、その頃の記憶はない。ただし、吸血鬼に両親を殺されていることは、ちゃんと記憶している。 


【ネタバレ(反転)】

 

 第1章でキースという友人ができる。今まで孤独に生き、且つ自身も孤独を選んでいたセルビアだったが、彼という存在を得たことにより、少しばかり、大魔術による犠牲を恐れるようになる。
 後に、キースとともに吸血鬼に囚われるも、ディストとヴァレスの助力により救われる。

 第6章では、セシルの使い魔であった少年、シエルと対峙する。
 シエルは、セルビアほどではないが、かつてはアルヴァージュの家の血を引いていて、彼とも面識があった。
 シエルはディストにセシルの敵討ちをしようとするが、アルヴァージュ家の主人として、従者であるディストを守るため、そして、これ以上、哀れな吸血鬼を生まないよう、全ての吸血鬼を始末すると約束して、シエルを討つ。

 第7章で、ディストとヒストが対峙したことにより、アルヴァージュ家を襲撃した吸血鬼がディストであることを知る。
 複雑な思いを抱えるも、全ての元凶がヒストであると割り切り、ディストとともにヒストを討伐する。

 最終章では、卒業式(大魔術使用の日)の前日にキースに思いを告白され、またしても困窮してしまうが、悩んだ末に彼の気持ちを受け入れる。
 自身とキースの気持ちに答えが見つかった瞬間、「死にたくない」と思うようになってしまうが、「自分がアルヴァージュの意思を継ぐ」とキースに約束され、大魔術を使用した。

 その後、大魔術の犠牲となり、国を救った英雄として崇められる。
 しかし、自身の傍にいたディストを殺すことはできず、彼をヴァレスに託し、静かに消滅する。

 



特徴

 首くらいまで伸びた亜麻色の髪。頭頂にはくるんとしたアホ毛がある。
 そこはかとなく幼さが残る童顔、紺碧と深緑の冷たい瞳が印象的な美少年。身長・体重はともに平均くらい 

 身なりはあまり気に掛けていなかったが、友人のキースが見た目を気にするタイプであったため、それなりにオシャレをするようになった。

 両親は、幼い頃に吸血鬼にディストに殺害されているが、ヴァレスの手により、その頃の記憶はない。ただし、吸血鬼に両親を殺されていることは、ちゃんと記憶している。 

 小柄である割には、体力が高いため、持久戦に強い。時間を要してしまう魔法術が使えずとも、ある程度の近接格闘ができるため、よく言えば万能。悪く言えば器用貧乏な戦闘スタイルである。

 



関係

 ディスト:従者。からかうと楽しいが、もうちょっとしっかりしてほしいと思っている。 
 ヴァレス:従者。ウマが合うらしい。
 セシル:従者。ちょっと鬱陶しく思っている。

 キース:先輩。親友かつ、かけがえのない大切な存在
 カルミン:??? 
 シエル:???