霧浦 友希

――ボク、ホントは、人しトカ、そーゆーのはしたくナイな……。

 


プロフィール

名前 霧浦 友希
年齢
身長 162cm
体重
血液型 AB型
誕生日
趣味 機械いじり
特技 手先が器用なこと、爆薬作り
能力 多重人格
武器 爆発物

潜在犯コード、No.D-8894274。
犯罪はまだ起こしていないが、病院で異常と診断され、施設へ送られる。
(この頃は、無意識に隕石事件で亡くなった祖父の人格を表に出すようになっていた)
関東地区の収容所に隔離され、多少の不自由を感じつつも、そこで出会った友人とともにそれなりに過ごしていた。
だがしかし、突然、精神状態が不安定になった彼の友人は、毒ガスで毒殺された。

その数日後、友希は多重人格の能力を、自分の意志で操作できるようになった。
あまりにも特殊な能力であることを買われ、対反乱軍組織への加入を勧められ、東京へ移動。
最初は反対していたが、内部から現在の日本の改革を進められるのではと思い、参加を決意する。

彼の特殊能力である「多重人格」は、彼の周りで死んだ者の主人格の人格を自身に取り込み、発現させられる能力である。
見た目こそは変わらないものの、別人格の力や技術、頭脳などは本人のものを、そっくりそのままコピーできる。
難点は、人格が変わっている間の記憶が、友希にないことか。

ちなみに、彼の本名は「ともき」だが、内部工作を働くために「ゆき」と名前を偽っている。
武器はダイナマイトなどの爆発物。制作も彼が行っている。



特徴

 緑色の髪に、橙色の瞳。友人の形見である、黒と赤リボンの小帽子を常につけている。
 祖父や友人を失ったショックで、精神が病んでいるため、幼い子どものような考え方をしたり、カタコトの日本語を喋ったりする。

 服装は、だぼっとしたYシャツに長いベルトのついたベスト、短パン、ブーツ。長くてひらひらしたものが好き。

 


関係(コラボ設定)

クロエ:仲間。おっきいお姉さん(?)
杏華:仲間。ちっちゃくてかわいい女の子。