学生戦争

概要

 柚木たんとの創作学生軍人コラボ。
 両親の死により、離れ離れになった4人の兄弟たちと、その周辺の人物たちの話。

 

組織

尊皇攘夷軍(通称:黒軍)
他国への服従を認めず、あくまで日本としての誇りを優先する。
一部の国との外交はあるが、後に歴史上、二度目の鎖国を試みようとしている。
本拠地は東京の千代田区であるが、学生軍を育成するための学校は日本全土に点在している。
しかし、他国への関わりが少ないため、開国維新軍には兵器開発などの面で後れを取っており、現在はやや劣勢。

開国維新軍(通称:白軍)
他国に服従することで、国の繁栄を志している。
多くの国との国交があるが、大半は軍事国家であり、その中でも、武器開発の進んでいる国や、強化人間の開発が進んでいる国との交流が深い。
本拠地は京都の左京区。尊皇攘夷軍とは違い、開国維新軍の学生軍人機関はここにしか存在していない。

新興勢力“ルークス”(通称:赤軍)
新興勢力。軍というよりは組織に近い。
組織の中にいくつかの小さな組織(ルークス内では「ギルド」と呼ばれている)があり、有事の際に集まる。
若いリーダーがおり、彼に気に入られた者は、親衛隊という組織に所属できるという噂も。

活動の拠点は置かれておらず、リーダーが誰かを明確にしないことで、その実態を謎のままにしている。
メンバーは日本全土にいるため、各々で支部を作り、それぞれの目的を成している。

 

用語

編集中。
 

柚木さんち

編集中。
 

我が家

 鐡 フェルナンド(くろがね-)
 高遠 きおり(たかとお-)

 蟻巣原 るな(ありすばら-)
 白妙 零徒(しろたえ れいと)

 水城 瑞葵(みずしろ みずき)

 唐紅 兎耶(からくれない とや)

 

その他の人物 

五花 桔梗(いつか ききょう)
開国維新軍の開発研究部強化人間課の関係者。
プロジェクト・ワンダーランドの最高責任者でもある。
るなとの面識もあり、馴染み深い。

鳳城 紡(ほうじょう つむぐ)
五花と同じく、開国維新軍の開発研究部強化人間課の関係者。
なお、彼の父親も同じ課に属している。

鳳城 鶫(ほうじょう つぐみ)
かつて、開国維新軍の開発研究部強化人間課で強化人間の媒体にされた紡の弟。故人。
強化人間コードは「Code002:Rabbit」。

藤凪 耶麻音(ふじなぎ やまね)
影楼の実母。
彼女もまた、鶫と同じく強化人間の媒体にされて亡くなった。
強化人間コードは「Code001:Rat」。

灰咲 一華(はいざき いちか)
開国維新学生軍第弐部隊に所属にしていた女性で、零徒と婚約中の恋人。
戦闘中に脊髄を損傷し、現在は植物人間状態で生き長らえている。