夢幻組

いつか、空にる、その日まではせめて、そばにいさせて。

 

世界

 ある日、目が覚めると、彼は雨の中にいた。
 雨の降り止まない世界、“神さまの手のひら”と呼ばれる世界に。
 そこで出会ったのは、降り続く雨の元凶。
 恐ろしさも、禍々しさもない、純粋無垢で、健気な少女。

 彼女の名前は瑞雨。 
 “恩恵の雨”という存在を示す名前。

 帰る場所を失くした彼は、彼女の家に居座る代わりに、とある約束を交わした。

 それは、彼女の、瑞雨の友だちで居続けること。

 彼女が、空に還る、その日まで。

 

キャラクター

 天宮 奏詩(あまみや そうし)
 夢野 瑞雨/晴歌(ゆめの ずいう/はるか)
 風峰 詞(かざみね ことば)
 雪村 文華(ゆきむら ふみか)
 嵐ヶ原 章吾(あらしがはら しょうご)
 霧島 筆音(きりしま ひつね)