※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

須賀 モモ(すが もも)

  • 白軍、2年生。
  • 騎馬兵隊所属。

武器 手榴弾「アルエ」

  • アルエの記憶は並列化されてて、自分が何番目かとかは全部知ってる。
  • 手榴弾として爆ぜるために生まれたので、使い捨てられるのは当たり前だと思ってる。
  • けどなまじ喋るので、アルエと交流せざるを得ないモモにとっては友達ぶん投げてる感がハンパない。
  • 一人称はアルエ、二人称は相手の名前。
  • 「アルエは、こう思うの」「アルエは、あっちに投げられたいの」等、一人称を前置きして話をする。
  • 会話に出てくる小ネタは、何百と保管されているアルエたちの倉庫内にテレビがあり、そこで聞いて学習している。

プロフィール 

  • 碧眼。
  • 黒髪ロングポニテ。

 


備考

  • 一人称は私、二人称はあなた。
  • 口数少なめ、影薄め。なんかいつもしれっといる感じ。
  • 戦闘は基本的に隠れている敵に騎馬で近づき、手榴弾を投げ込むという戦法をとっているので、
    影の薄さは割と都合がいい。
  • 馬は好きで世話もよくする。理由は「喋らないから」。
  • 対して、武器の手榴弾(名前:アルエ)は喋るので困っている。
    が、容赦無く投げる(アルエ「わたしが死んでも代わりはいるもの」)。
  • ピアスを大量につけているが、どうやらアルエが百個消えると一つピアスが増えるらしい
  • ピアスは今までのアルエたちに対する供養。戦闘をやめない限り永遠に増え続ける。
  • モモはほんとは争いの中にいるよりも田舎で馬の世話とかして暮らしたい人間なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あならいず☆るぅむ 2014