※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


奏多勾留








 




比較的シリアスに皆の構想が展開してきたナオ死亡ルートだが、
やはり解析室の魔女には荷が重かったらしく、一見シリアス風味な体裁はとっているものの
「ボロボロの奏多描きたい!!」とか「ノマカプが足りない!!おにゃのこ足りない!!」とか
「どうやったら皆泣くのか!?」とか萌とサディスティックな暴走の結果がコレだよみたいな。


 



…で、なんやかや軽口叩けるほどに回復した奏多と魔眼裂さんがちょっと仲良くなれたらな、
みたいな感じで心の距離感を描いてみたまめかな=かなまめ絵。

お互い大切な人を失って、深いところではその敵討的な共通項があるんだけれど、お互い
見つめている先、進む先はたがっているので重ならない二人の道。というイメージ。