【指定なし】ビブロストの橋 byニャギ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅い月、それは敵が現れる証。
見たことがない敵だ。神を名乗り、世界を紡ぐ橋を渡ってきたという。

だが、相手が誰であろうと見逃すつもりはない。
この世界に夜闇の魔法使いがいるといういことを教えてやる!



昨日と同じ今日、今日と同じ明日。
世界は繰り返し時を刻み、変わらないように見えた。

だが、人々の知らないところで世界はすでに変貌していたのだ。
レネゲイドとは明らかに違う力を持った、神を名乗る敵。
レネゲイドビーイングとも違う謎の敵を前にどう戦えばいいのだろうか。



暁の水平線に勝利を刻め!
今日も今日とて深海棲艦と戦い、海の平和を守る為に戦う艦娘である君。

だが、今日は何かが違った。
突然のスコールを抜けると深海棲艦は姿かたちもない。
そこには、ただただ静かな海が広がっていたのだ。
穏やかな海。ここは理想の世界なのだろうか。



君は奈落と戦うシャードを持つ戦士、クエスターだ。
君が受けた依頼は、いつもとは一風変わったものだった。

他のクエスターたちが追い詰めた奈落が、世界を渡る
ビブロストの橋を使い逃げ出してしまったのだという。

ビブロストの橋の力は暴走し、奈落を倒さなければ
すべての世界が融合し崩壊してしまうという。

君はこの事態を解決するために橋を使い、異世界にわたることになった。



淀んだ空、濁った海。
願いは天に届かない 想いを大地は汲んでくれない。
終わった世界に、希望はほとんど残っていない。

そのはずだったのに……

青い空、青々とした大地。
此処は、どこだろう。
自分一人で目覚めた此処はどこなのだろう。

この世界が夢でなかったとしたら、
……私は姉妹を捨ててこの平和な世界を選ぶべきなのだろうか


シナリオ名「ビブロストの橋」


「いいのか?この土偶を安置してしまえばすべては元に戻ってしまうぞ?」