【指定なし】ロリコン、過ちの夜 by碧虚


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム指定なし

落ち着いて昨日の出来事を思い出そう。
ずっと好きだったあの娘に、思い切って告白したものの撃沈。
ウェイターに勧められるがまま酒に溺れて前後不覚になって…そこからは記憶に無い。

今の状況。
見知らぬ部屋、おそらくホテル。
窓、カーテンの隙間から差し込む光からして朝。

俺、裸でベットの上。
隣、妙齢黒い長髪美女。無き黒子が特徴的。

…朝チュンだこれぇ!?

お、お、落ちつけ俺。
何も覚えていないとはいえ男として責任は取らね。

いやしかし惜しい、あと10年若ければ言う事は無かったのだが。
いやいやいや、今ではオバサンとは言ってもッブェ

そこで頬の衝撃と共に意識は暗転。
最後に見たのは笑顔で腕を振りぬく美女さん。

あぁ、本当に後10、いや8年若ければ──フモッフ!

シナリオ名「ロリコン、過ちの夜」

意識が戻り、頬と腹の痛みに耐えながら家に帰れば、
警察に追われることになっていた。

…昨夜一体何をやらかしましたか私ィ?!

*****
オープニング的なフック?
ここから美女とのラブロマンスに発展したり、
昨夜事件に巻き込まれた主人公を美女が助ける
ヒーローとヒロインが入れ替わったようなお話があったり、
実は告白した少女が黒幕だったお話があったかどうかなんて各自で想像してください。