【ネクロニカ】灰色の空の子どもたち by亀の三郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネクロニカ 「灰色の空の子どもたち」

【概要】
時間とともに迫ってくる子どもたちの精神攻撃から逃げつつ、
施設の脱出を目指すシナリオです。ドールたちには早い段階で灰色の空を見させて、

外には絶望しかないことを理解させつつ、時計の鐘の音とともに
追いかけてくる子どもたちからできるだけ速く逃げ切る。
まさに絶望しか無いシナリオです。

【解説】
舞台は孤児院。ドールたちが目を覚めた時、
灰色の空の元、アンデットの子どもたちが楽しく遊んでいる姿が目の前にあります。

彼ら及び彼女らはドール相手に戦うことはなく、むしろ友好的な様子を見せます。
ドールたちには無理に狂気判定を行わず、むしろ対話判定を行わせるくらいでいいでしょう。

しかし、それも時計の鐘の音がなるまでです。
孤児院全体に鐘の音が鳴り響いた時、友好的な子どもたちは狂った化け物と成り果てます。

ドールたちは予め歩いていた孤児院の中を逃げ惑いながら、一刻も早くここから脱出しなければなりません。
脱出までは遠慮のかけらもなく狂気判定を行わせましょう。楽なシナリオと思わせていた後の狂気の状況です。
阿鼻叫喚の時間が待っています。

脱出条件を満たし、玄関から脱出するときにバトルパートは始まります。
玄関の外に待ち受けていた巨大戦車、感覚を狂わせる狂気の歌声、
タイマンで敵を受け止める悪夢の盾役。

敵の量こそ少ないですが、ドールたちがここに来るのはサヴァント達も知っているので
準備万端整えています。ドール達にもそれとなく伝え、きっちりと準備をさせましょう。

エンドは脱出したあとに再びなる鐘の音、そして先程と同じような
楽しそうな子どもたちの声で終わらせましょう。
ドールたちは楽園を追われ、地獄への道を踏み出すのです。

quick→早く脱出のクダリ
グレー→灰色の空
child→追手であり友達でもある子どもたち
時計→時間制限及び時計台の鐘の音
裏キーワード→全てボスエネミーに使用