【指定なし】4tune Stars byぱんち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム:指定無し
シナリオ名:4tune Stars

昔、といってもそんなに昔ではない。
過去、と称することも出来る。

ある日、各地で発生した4つの事故から1人ずつ
奇跡的な生還を果たした子どもがいた。

溺れることによる窒息
大火事による全身火傷
落雷による感電
地震による土砂崩れ

傷が癒えた彼らはそれに対応した能力を発症し、
それにより世間から隠蔽される存在となる。

彼らの存在を庇護する研究者は彼らに言った。
「近い未来、別次元からの侵攻でこの世界は滅びるだろう。」

彼は使命と願望の入り交じった口調で続ける。
「君達には別次元へ行って侵攻を阻止して欲しい。」

そう残して転送装置のスイッチを押した。
―――頼んだぞ、小さき4つの星よ。未来のために。

4人の眼前には元来とは違う風景、だが紛れもないリアルが広がっていた。



補足というか備考:
現代から次元トリップした話です。
時間軸も完全に別次元なので能力は魔法の類と考えて貰ってなんら問題は無いです。

Fortuneは幸運の意味から『奇跡的な生還』
Starsは希望の象徴である星から、能力が発症したときに
身体のどこかに星形の痣が出来る設定。

トリッパーの皆さんにはトリップ先で侵攻してくる
組織と交戦してもらいます。

クイック→生還した、生きた
グレー→現代の終末、別次元の敵の象徴色
チャイルド→PC
時計→FortuneとFutureの語呂を掛けてみた