【指定なし】殺戮者の暴走と苦悩 byけろけろ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おやすみ、……くん」

彼女の声が、あの時のことが頭をめぐる。

なぜ守れなかったのか―――決まってんだろ、お前が弱かったんだよ

なぜ救えなかったのか―――決まってんだろ、お前はバケモノだからだ

そう彼は問い、自ら答える。そして自らの無力さに涙を流す。

『つらいだろ?なら俺に譲れよ』

いやだ

『さっさと譲れ。そしたら楽になる』

いやだ、そしたらまた―――

「・・・では、殺戮を始めよう。楽しい楽しいゲームの始まりだァ」

シナリオ名:殺戮者の暴走と苦悩

裏切り者は、自ら己の首を絞める


概要
昔の後悔、罪悪感に苛まれている人が暴走してしまうシナリオです
なぜ彼が暴走したのか、過去に彼がしたことはなんなのか
彼が守れなかった、救えなかったものは何かを深めていけば良いかと思います