【DX3rd】港町から来た忠義 by山菜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「つい……ったー!!」
誰かの大きな声で、君たちは目覚める。

 君たちが居るのは、小さな港町。近くではするめが干され、岸に着いているのは漁師の船が幾つかだけ。何故か分からないが、ここに居る経緯を思い出せない。

 君たち以外には誰もおらず、あの声の主は居ない。
 残されているのは、地面に落ちた一欠けのチョコレートだけ。

 ここはいったい何処なのか? 先ほどの声は誰なのか? 
 落ちていたチョコを辿っていくと、一台のバイクを見つける。すると、

「遅えぞ! さっさと来いよ!」
 と、バイクが喋り出した。

ダブルクロス それは、【裏切り】を意味する言葉。
だが、それは【絶望】を【希望】に変える言葉でもある。

補足

探索者は、眠っている間にバイクのレネゲイドビーイングに、この港町まで連れてこられる。初めの大声は、バイクが探索者を全員連れてきた苦労から出た言葉。
バイクの目的はテキトー。あるいは持ち主(合法ロリ一択のみ)の救出とか。

チョコレートはレネビの好物。食べるとバイクなので結構こぼす。

因みにするめを調べると、町の特産品で、この町がどこなのかが分かる。