【ARA2E】さかしまの塔 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム名「ARA2E」
シナリオ名「さかしまの塔」

…この塔に入ってから,何かがおかしい。
頭で天井にぶつかって,私たちはこの場にとどまっている。
そのあたりの小石を掴んで投げると,上に向かっていく。

…そうか,おかしい理由は重力が上向きに働いているからだ。
葉の裏にもとどまれるイモムシなんかだったら,これだけおかしくても,簡単に先に進めるのに。
とにかく,下に進みにくい。いや,上か?

さかしまの塔。
地下へと延びる洞窟だが,その内部は塔のようなものであるために慣例的に「塔」と言われている。
地上では下向きに働く重力が,この塔の中だけはなぜか上向きに働く。
地上での落下運動が下に向かって落ちていくなら,この塔での落下運動は上に向かって落ちていく。

こんな特異な塔には,神々の宝があるという。
確かに,これだけ特異な塔だ。なにか重要な宝を護っていると言われてもおかしくはない。
君たちのギルドには,この塔にあるという宝の正体を探ってほしいという依頼が届いていた。
それでこの塔に入ったはいいのだが…

アリアンロッド2E「さかしまの塔」
―さかしまの塔に封じられし力,そなたに認められるか。