【ネクロニカ】シナリオ名なし byチャッピー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドール達は宛のない旅を続けていた。
ヘビトンボが住まう森を抜けた時、ドール達は古びた屋敷にたどり着いた
屋敷の中に入ると、少女が貴方達を出迎えてくれた
「お待ちしておりました。貴方達を母の所までお連れするように言われております
 何も恐れることはおりません。私達の母は偉大で慈悲深い方です
 さあ、いきましょう」
ドール達は怪しいと思い、行かないと言い出すが、それを聞いた少女は武器であるヴァイオリンを取り出し、攻撃してきた
「我が母ミューダリオンは可哀想だと思い、貴方達に慈悲を与えくださった
 それを拒否するということは、貴方達はきっと悪魔に取り憑かれたのですね
 大丈夫、私が悪魔を取り払ってあげます」
情け容赦なく襲いかかる少女、さあ、ドール達は狂った屋敷から脱出することはできるのだろうか?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る