【MM】鬼の手を持つ寿司職人 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム:MM
シナリオ名:鬼の手を持つ寿司職人

左の地でも異端な文化をもつ和の国。
魚料理や和服と呼ばれる独特の服装,そして男が手に持つ武具たる刀。
それらは周りの国々では一切見かけることはない。

和の国では,御標は御神籤に記される。
その御神籤の御標に沿って人々は生きる。
そのため,和の国の中心には神社があり,その周辺は商業地となっている。
今回の物語は,その商業地に住む,一人の板前のお話である。

―手に宿る鬼が目覚め,国に眠る妖を起こす。

御神籤を引いて数ヶ月。
右手は完全に人のそれではなくなり,鬼の力を得てしまった。
シャリを握るにも力がコントロールできず,まともな形・硬さにならない。
店の評判は悪くなり,今では客が入ればそれだけでもうけもの,という程にまでなってしまった。

そしてつい最近。彼の右手の力が制御できなくなる時があるという。
無意識に外に出て,知らない場所に行ってしまうこともあるという。
御神籤を引いてから,このようなことが続いている。
何かおかしい。そう思い,彼は紡ぎ手である君たちに真相解明を依頼した。

モノトーンミュージアムRPG「鬼の手を持つ寿司職人」
―かくして,物語は紡がれる。