【ネクロニカ】死の楽園 byベイダー郷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かの王は言いました。
「あなた方の墓石は立たない。なぜなら誰も死なないからだ」

かの王は言いました。
「あなた方に食事はいらない。なぜなら誰も生きないからだ」

かの王は言いました。
「あなた方を誰一人として死なせない。そして生きさせない。これこそがこの世の幸福だ」

刹那、鼓膜を破る爆音が響、遅れて激しい爆発に巻き込まれ、世界はいとも簡単に滅亡した。

永い後日談のネクロニカ
『死の楽園』

見知らぬ場所で目を覚ます。
覚えているのは、死者の暮らす楽園があるということ。

解説
気の触れた王様のおはなし。
終末戦争により世界が滅亡し生物が生き残らないことを察した王様が、
手に入れたネクロマンシーの力で少女たちを次々にドールへと変貌させ、一つの国を創りあげます。

その中の一人であるPCたちは、そんな王の遊びに付き合わされ、「姉妹の暮らす国がある」
という記憶だけを埋め込まれ遠い土地で目を覚まします。
果たしてPCたちは国に辿り着き、王を打倒することができるのでしょうか。