【ネクロニカ】正義の御標は堕落せし by夜鳥owl


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【推奨システム】ネクロニカ

【タイトル】
正義の御標は堕落せし
Right of Arms Laspe


【トレーラー】
始まりは正義感からだった
朗らかな笑顔で笑う人々を失いたくなかったから
皆と過ごしたこの場所を失いたくなかったから
だから僕はそれに志願した
人としての在り方を失ってでも守りたかったから

次は生きたいからだった
もう人ではないとわかっていても
どんなに傷つこうと帰ってこれるとわかっていても
容易に命を奪い取るそれは恐怖だった

最後は悲しかったからだった
守りたかったものが全部壊れていたから
守りたかったものに拒絶されたから
何一つ守れなかったから

だから彼はひっくり返った
人としての在り方をやめたから
化け物としての在り方を受け入れてしまったから

穢れ切った正義の御標は
嘆きに震え破壊に歓喜する

今宵の人形劇は
哀れなる正義のなれの果てと少女たちの物語

~正義の御標は堕落せし~

君たちの魂の輝きを見せておくれよ

【概要】
荒廃した世界で生き続けるドールたちはあるとき荒廃した小さな村にたどり着く
小さな村の中で展開される正義のなれの果てとの邂逅の物語


――以下ネタバレを多少含む――

【登場人物】
御標さん 男

小さな村に生まれた青年
心優しい性格で、動物を愛していた
あるとき始まった最終戦争に村を守るために参加
正義の御標として戦い続けた
そして戦争が世界の滅亡で終わり、彼はおぼろげに記憶に残った場所を目指した
そんな彼を待っていたのは朽ちきった村
守れなかった、無力感と絶望に包まれ最後の未練を手放した彼は怪物となる
正義の御標と呼ばれた彼はもうどこにもいない

少女

君たちドールだ
記憶に細工をして彼の住む村を訪れるようにした
正義を信じた彼は絶望し怪物となった
だけども私は人の可能性を信じているんだ
さあ、君たちの魂の輝きを見せておくれよ
私の想像を超えて羽ばたいておくれ
それが私の望みなのだから


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る