【ユグドラシル】臨海の時 byフ~ゴ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム:ユグドラシル
タイトル臨界の時

月が美しくなる9月、今日もユグドラシルは、なにもない日常が過ぎていく……
しかし今晩の月は妙に変だった。
この時期になると、黄金の金のようなキラキラとした月なのだが、なぜかそれがが赤、青などの虹色であった。

翌日、俺はユグドラシル上層のアースガルズの控え室にいた。
匿名で依頼を受けることになっており、その人物との集合場所がここだったからだ。

しばらく待っていると扉が開いた。
そこにいたのはなんと、能力研究所【フラメル】のシェリー=フランシェールであった。

依頼内容は「我が研究プラントから脱走した(PSA-3900)を回収しろ」というものだった。
ただしその被験体には(ムーンデスティニー)通称「月桂」というものが内蔵してある。
きみたちは知らないであろう、あの不思議な月が、「月桂」という装置の臨界の時を記すものだと…

概要
今回の内容は、【フラメル】のシェリーから、「月桂」というものが内蔵されている
(PSA-3900)を回収して欲しいという依頼です。
しかしこの装置は、装備(内蔵)してるものに、1d6の回復及びランダムで能力をつける
アーティファクトじみたものです。
そのため、被験体は能力がついています。
その能力はGMが考えてください。あとその被験体と戦闘をさせてください、
そして、この異変を解決させてください・・・