【指定なし】月下の混沌 byフ~ゴ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム 指定なし(クトゥルフじみたものがいいかも)
タイトル:月下の混沌

「さあ、貴方はこの世界に悪の種を植え付けたのかい?」

突如、そんな声が聞えた
それは、月の光が射しこんだときであった。

その人物は、さらにこう放った。
「私達は、過去の支配者である、簡単に言えば、神話の神だったり、
カルト教団が崇める邪神だったりする」
「そして君は・・・」
というところで見が醒める。

気づけば、もう朝であった。
「いまの悪夢はなんだろう・・・」と思いつつ、今日も平穏な日常を贈る。

しかし、自分の頭の中に、降臨のためのアーティファクトの欠片を埋め込まれていることも知らず……

概要
今回のシナリオは異様な夢から始まる。
その場所は、赤い月の光が射しこんでいる空間であった。

しかし重要なところで、眼が醒め日常へと戻る。
ただ、あの夢を見てから妙に変で、太陽のまわりに夢に出た赤く染まった月だ三つあったのだ…。
さぁ、きみたちは、この空間から、出られるかな?