【ARA2E】捧げよその血を、その命を byけろけろ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム「アリアンロッド2E」
シナリオ名「捧げよその血を、その命を」

ある世界では串刺し公、血塗れ王鬼と忌み恐怖された公爵がいる。
アーシアンから伝えられた一つの話、一つ目の話として広まり始めていた。

フィクションとして広まっていった―――はずだった

巷ではある噂が流れていた。
――――串刺し公を名乗る殺人鬼が現れたという
その噂は広まり、そして被害が大きくなっていった。

これを重く見た教会は冒険者に大規模な討伐依頼を発布する。
『串刺し公、血塗れ王鬼ヴラドを討伐せよ』

それを聞き、廃れた館の公爵は笑い笑い、そして叫ぶ
「血に塗れた我が人生をここに捧げようぞ!」

説明
ナンバー→一つ目の話
quaench→血を呑み乾きを癒す吸血鬼 
逆十字→神への冒涜
ここでは殺人を行う黒幕(仮)さん

FGOでヴラドにモーション改変あった記念みたいなフック。
正直吸血鬼=ヴラドになりつつある俺が作る限界。