【ログホラ】誓いの和骨。伝説の無名 byザビー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「誓いの和骨。伝説の無名」
使用システム ログ・ホライズン
エルダー・テイルは20年もの歴史を持ったMMORPGであることは君たちは知っているだろう。
バージョンアップも、追加パックも数多く行われた。
だが、追加する。つまり採用するということは没になったものも存在する。
お城や桜。つまり和風を軸とした追加パックが企画されていたらしい。
この企画は、かなり力を入れていた追加パックらしく、特殊装備や特殊NPCはもちろん、特殊モンスターや特殊ダンジョンも期待できる物だったらしい。
中でも注目は、特殊鎧モンスター「和骨」という、亡霊が魂でできた鎧を着こんだモンスターであった。
      • しかし、この追加パックの開発は途絶された。原因は開発メンバーの中心人物の失踪だった。
そもそもこの企画は彼一人が動かしてきたと言っても過言ではなく、何としても、何としても完成させなければならない。という気持ちで開発されていたらしい。
なぜ失踪したのか・・・それは、彼はある人物との誓いを果たせなくなったためである。
その誓いは、病のせいで寿命が尽きる手前の人物が「僕・・・桜やお城が見える風景が見たかったな・・・」
という物だった。しかし、その誓いは彼の寿命の制限時間には間に合わなかったのである。
その人物が失踪をしたため、この追加パックは没となり、別の追加パックが実装され、この追加パックを知っている人物は数えるぐらいしか存在しなくなった。
その数えるぐらいの人物達は思った。「伝説の追加パックになるはずだったのに・・・無名のまま終わるのか・・・」
君たちは、探索の帰りに不思議な光景を目にする。
緑で生い茂っている森を歩いていると、不自然な物が飛んできたのである。
それは、葉っぱでも木の枝やぱ/ん/つでもなく、桃色の先が二つに分かれた花弁であった。
君たちはそれを知っている。しかし、エルダー・テイルの知識で分かる物ではなく、大災害前によく見ているであろう物である。
それは・・・「桜の花弁」であるのだから。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る