【指定なし】使い魔の劣等生 by鈴野涼華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初見 忠司は(はつみ ただし)はオカルト好きなごく普通の少年だ。
彼の友人である君は、彼から不思議な本を手渡される。
家に帰ってその本を読もうと本を開くと、そのページが輝きだす。
気が付くと、見知らぬ美少女(美少年)が君の部屋にいた。
その子から話を聞くと、彼女(彼)は使い魔であり、さっきの本(魔導書)を開いたことで君と契約したのだという。

彼女(彼)はとても高い能力の使い魔だが、一つ、最大の欠点があった。
それは、極度の人見知りで、会ったことのない人を見ると極度の緊張で嘔吐してしまうのだ。
また、彼女(彼)は使い魔を育成する学校での劣等生である。
そして、教員会議の決定で、今回の契約で実績を残さなければ、落第してしまうのだという。

「お願いです、助けてください」

シナリオ名:使い魔の劣等生

彼女(彼)を救うのは君だ!!

システム:指定なし

システムは、何だろう?魔法が使えれば、NPCとして使い魔の子を出せば結構何でも行けると思います。
あ、使い魔が美少女か美少年かはGMにお任せしますwww。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る