【指定なし】親指姫な冒険者 by鈴野涼華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはどこだろう?
気が付くと、周りには自分の背より何倍も高い草。
身をひそめられそうな花のつぼみ。
とても大きなキノコ達・・・。

情報整理をし、周りを把握してわかったのは、なぜか自分が親指ほどの大きさになってしまったということ。
小さくなる前の君の最後の記憶は泥酔していたということ。
そして、サディスティックな笑みを浮かべた妖艶な女性が差し出した薬を飲んだということ。

「この薬いくら?」

「ちゃんと飲みなさい。・・・そう、いい子ね」

フワフワした記憶の中で頭に残っている彼女の声。
そんなことを思い出していると、背後からガサゴソと不穏な影が・・・。
振り向くと、怪物のように大きな猫がニタリと笑っている。
君は、急いで逃げているが、もうすぐ追いつかれてしまう。
そして、目の前には海の様に広い湖が!!
すると、天の助けかトミカ製の玩具の舟ふぁあり、それに乗って全速力で逃げ出した。

シナリオ名:親指姫な冒険者

さて、元の大きさに戻れるのだろうか?

システム:指定なし(ファンタジー、アリスドラック、クトゥルフ、サタスペとか?)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る