【DX3rd】See you tomorrw by猫に投薬


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もういくつ寝るとお正月。
こんな時にはUGN日本支部も少しは浮かれた気分になる。
しかしそんなUGN日本支部の支部長のもとに、ある連絡が届けられる。
その内容は中南米にある遺跡、「コロンブスの卵」の暴走。
それは新大陸消滅の危機を意味するのであった。
タイムリミットは現地で1月1日元旦、朝日が昇るそのときだ。
タイムリミットが来てしまえば太陽光が引き金となり、遺跡の暴走はついに止められなくなってしまうだろう。
時は12月31日、大晦日。
UGNの作戦部隊は遺跡の暴走をとめるため、中南米は東インド諸島に配属された。
作戦中の面々を待ち受けるのは、遺跡の暴走を望むFHの影。
君達を送り出す支部長の言葉
"See you tomorrow."
君達は遺跡の暴走を止め、明日を、新年を、手に入れることが出来るのだろうか。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る