【ネクロニカ】終わった世界の元旦 byチャッピー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バリン、と音を立てて貴方達は卵の殻のようなものからでてきた。
周りは貴方達が入っていた卵のようなものが大量に置いてある。
誰もが思っただろう「気味ガ悪イ・・・」と

卵の部屋から出れば、そこは虫が蔓延る病院だった。
後ろを振り返り、プレートを見れば【第2微生物研究室】
病院の中を探索していく内にとある疑問が浮かび上がる。

「どうして、アンデッドが居ないの?」

この病院は動いてるアンデットはなく、虫の羽音や不気味な鳴き声のようなものしかない。
そして、血だらけの手術室にて驚愕の真実を知る。
貴方達の身体には、この病院に住まう女王蜘蛛の卵を埋め込まれていると。

このままだと、夜明けを迎えると同時に孵化し、貴方達の身体を突き破って這い出てくるだろう、と。

さあ、ドール達は無事に明日を迎えることができるのだろうか?

永い後日談のネクロニカ【終わった世界の元旦】
元旦の朝日を拝むのは、ドール達か?それとも・・・。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る