【指定なし】恵みの卵 ~薬も過ぎれば毒となる~ by鈴野涼華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある貧しい国に一人の聡明な科学者がいた。
その国の民は、日々の食べるものもなく、毎日飢餓に苦しんでいた。
科学者はこの状態を打開しようと、自分の知識と技術の粋を結集してある鳥を産み出した。
その鳥は、卵から孵るとその空間を埋め尽くすまで無限に卵を産むという。
科学者は、国の未来の幸福を願い、その鳥を「Tomorrow(トゥモロー)」と名付けた。

それから数十年、彼の国の民は「Tomorrow」のおかげで飢餓から救われ、幸福な日々を送るようになる。
そして、その感謝を忘れない為、毎年元日は「Tomorrow」の卵を食べるという習慣が生まれた。

しかし、この鳥には一つ問題点がある。
それは、その鳥がいる空間を埋め尽くすまで卵を産み続けるという点だ。
下手にその鳥を外に出そうものなら、世界全土が「Tomorrow」の卵に覆われてしまう。

そこで、その国にあるホウリの町の町長が君たちに「「Tomorrow」の卵を取ってきて欲しい」という依頼を持ってきた。

シナリオ名:恵みの卵 ~薬も過ぎれば毒となる~

君は無事に卵を持ち帰ることが出来るだろうか・・・。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る