【ネクロニカ】愛しのご主人様 byチャッピー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

引きこもりの青年は、ある日特別な技術を手に入れた。
それは、同い年の子供を蘇らせる技術「ネクロマンシー」。
有名な雑誌に載っているアイドルのような死体少女を作ることだって可能だ。
そして、青年は自分だけの世界を作り上げた。

だが、本当の世界は戦争が始まった。

青年の世界は意図も容易く崩壊し、残ったのは見るも無残な残骸だけだった。
青年はめげる事なく、再度世界を作り直した。
しかし、以前のような完璧な死体少女を作ることはできなかった。

ある日青年は気がついた。
「そうだ、手下を作ってまた1から作り直そう!」
だが、既に草一つ無い野原や油が浮く海が広がる世界で、不完全で欠陥品なものしか作れず、そして月日は流れ・・・



とある仮面を付けたドールは埃などで汚れた床の上で起きた。
体に着いたゴミを払えば、同じ服を来た仮面少女達が雑魚寝の状態で寝ているのに気がついた。
寝ているドール達を起こし、建物の中を探索すると1つの雑誌を見つけた。
雑誌の中身は薄汚れていて顔まではわからないが、一人の少女の服装と自分達の服装が一緒だと気づく。

建物の出口がわかり、そこから脱出しようとすると、不気味な音と共に貴方達と同じ服を来たサヴァントが立ちふさがった。
「あ゛あ゛ああ、あなな、あなたたちみ、みみたいな欠陥品【ヴァイス】ののの癖ににいいいい、ごごご主人んん様をおおおお、わた渡さないぃぃぃいいいいいい!!」

永い後日談のネクロニカ【愛しのご主人様】
Iからの愛は哀を呼び、そのeyeに映るのは本物のアイなのか?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る