【ARA2E】感染拡大~Visiter “One of Darkness Water”~ byニャギ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

感染拡大~Visiter “One of Darkness Water”~ アリアンロッド2E

今回予告
クラン=ベル 水と聖域に守られた街
一度は妖魔の侵攻を受けたもののようやく復興の進む街
ふとしたことから街を離れていた君たちがクラン=ベルに戻ってくると、街は一変していた。
これは一体何が起きているのだろうか?

PCは4人程度を想定、パーティを組んでいるものと想定している。
場所はクラン=ベルを想定
なお、このシナリオはダンジョンシナリオとして作ってある。
断じてシティアドではない。


以下、GM専用情報のためネタバレ注意(反転)
シーン① オープニング

※PCが街の食物を口にしようとした場合は巻を入れてマティアスに止めさせること!

君たちが隣町への商隊護衛の仕事を終えてクラン=ベルに戻ってくると
そこはいつものクラン=ベルではなかった。
人々に生気がないのだ。
活気にあふれた街が嘘のようだ。
いつも明るく君たちに話しかけてくれる神官長のウェルチでさえだ。
「あー、おかえりなさいだー。(ぐてー)」
ある程度会話をさせても良い。ただしひたすらにぐてーっとやる気のなさそうに話すこと。

他の人間を登場させてもよいが全員がこんな調子である。
ただしマティアスだけは違う。
最後にマティアスがこっそり君たちに声をかけてくる。
「少しいいかね?話があるのだ。」

シーン② マティアスからの依頼
君たちは神殿の中にこんな部屋があったのか?というような部屋に案内される。
どうやら非常時に使われる隠し部屋のようだ。
「君たち、良くこの街に戻ってきてくれた。この街がおかしいのは気づいているな?
今この街は妖魔の手に落ちようとしているのだ。見ろ。」
隠し窓から外の様子をうかがうと一人の肌の黒い男が広場で声を上げている。
「さぁみなさん!今日も美味しい食事をお持ちしましたよ!!」
その声に反応するかのように今まで生気なくへたり込んでいた人々が次々にやってくる。
皆、その顔には歓喜の表情を浮かべている。
「はやく!はやく!!」「私にも聖水のご飯を!!」
大金を積んで塩粥のようなものを求める姿は誰もが正気を失っているようにしか見えない。

「見たかね?そう、ある日から皆が生気を失ってあのようになってしまった。
そして、あの男が現れた。あとは一気にこのザマだ。
このようになってからこのクラン=ベルが少しずつ、瘴気に染まりつつある……
水の大神殿に守られているはずのこのクラン=ベルがだ。
そして私はこそこそと調査をした結果、あの男が森へと向かうのを見つけた。
後を付けた結果陰の森付近に遺跡があるのを発見した。
強い瘴気を感じたからその中で何かをして、クラン=ベルへ流れ込む水を汚染しているのだ。」

「私が行かない理由かね?ちょうど腹痛で水も飲めなかった私は難を逃れたのだが…
食糧はどうにかなっても水は限界だった……私も一口だけとはいえ水を口にしてしまった。
恐らくもうすぐ私もああなってしまうだろう。君たちだけが頼りなのだ。」

「すまない…このような頼みをするというのに依頼料は一人頭500Gが限界だ…
神官たちもあの水にやられている。あの塩粥を買うために金を使い込んでおるのだ。
あの塩粥を食べたものは加速度的に生気を失っていく…もう一刻の猶予もない…頼むぞ…」

「最後に一つだけ……
砦に入ったら部屋の隅の床、一か所だけ色が少し違うところを調べてみたまえ。
特殊なポーションが入っている。それを飲んで砦を突破するくらいの間なら
瘴気を押さえられるはずだ。中で手に入るポーションなどの汚染を気にする必要はない。」

ミドルフェイズ
ミドルフェイズは全てダンジョンパートである。
基本的に1エリア1シーンとする。全員登場が前提である。
なお、エネミーのページ数表記は ①P~ 基本ルールブック①
                ②P~ 基本ルールブック②
               EGP~ エネミーガイド
               IGP~ アイテムガイド
                            で表記されている。
また、部屋は基本的には25m四方の部屋である。
スクウェア戦闘ルールを採用する場合は5×5のスクウェアを使用すること。

また、ルートによってエネミーやトラップの登場数が変わるので
出てきたエネミー、トラップは記録しておくこと。

陰の森へと進んでいく途中にマティアスが言っていた砦を発見する。
砦に入っていくと…

――― 通路
=== 隠し通路

①開始地点 ――― ②大広間 ――― ③食堂 ――― ④寝室
                |        |
                |        |
                |     ⑤キッチン
                |        |
                |        |
              ⑥倉庫 ――― ⑦研究室 === ⑧宝物庫
                         |
                         |
                      ⑨執務室

①開始地点
中に入るとひんやりとした空気で満たされている。
だが、それは冬の朝のような清浄な冷たさではなく、
心臓を突き刺そうとするような鋭さを持った冷たい空気だ。
部屋の端、一か所だけ違う床をはがすと中にはポーションが人数分と手紙が入っている。
手紙はマティアスのもので現状を記した内容と水にやられて自分もこれ以上進めないことが書いてある。

②大広間
そこには骸骨があちこちに散乱している部屋だ。
PCたちが部屋に入ると骸骨たちが立ち上がり戦闘になる。

味方は1エンゲージ 10m離れたところにスケルトンが1エンゲージに1体ずつ、3体出現する。

エネミー スケルトン×3 基本① P321/EG P85

③食堂
食堂には異様に禍々しい色をした食事が湯気を立てている。
これはトラップとして扱う。
トラップの解除に成功した場合はにく(基本① P163/IG P61)を1D6個入手。

トラップ 禍々しい食事 探知:13 解除:10
解除に失敗した場合は何故か全員が誘惑に駆られ、食事を口にしてしまう。
全員次の戦闘の開始時に、毒(効果強度1)を受ける。

④寝室
そこはベットが一つだけの簡素な寝室である。
一枚の羊皮紙があるのがわかる。
羊皮紙には「クラン=ベル壊滅後の動き」と書きだそうとしてそのまま置いてある。
恐らく書きかけの書付のようなものなのだろう。
また、【幸運】で目標値11の判定を行う。成功したPCの数だけのHPポーション(基本① P162/IG P61)が手に入る。

⑤キッチン
キッチンには大量の毒々しい色の水が備蓄されている。これで例の塩粥を作っているのだろう。
また、キッチンを調べると野菜(基本① P163/IG P61)を3個入手。
また【幸運】で目標値10の判定に成功した場合、毒消し(基本① P162/IG P61)が1D6個手に入る。

⑥倉庫
そこは倉庫になっている。折れた槍や錆びた剣などが乱雑に転がっていて価値のあるものはなさそうだ。
部屋に入ると天井からぽよよんっ!とスライムが飛び降りてくる。戦闘だ!

PCは1エンゲージ 10m離れてスライム×2が1エンゲージ
エネミー スライム(基本① P325/EG P99)×2

⑦研究室
中は研究室、実験室といった趣の部屋になっている。
部屋に入ると「シンニュウシャ、カクニン」という音声とともに部屋に設置された青銅鎧が動きだし戦闘になる。

PCは1エンゲージ PCの10m先、15m先にそれぞれ1体ずつのブロンズゴーレム
エネミー ブロンズゴーレム (基本① P324/EG P110)×2

部屋を調べるなら【知覚】で目標値15 成功した場合は宝物庫の鍵が手に入る。
鍵にはこう書かれている。「研究所の隠し扉」
隠し扉自体はあっさり見つけることができる。

⑧宝物庫
宝物庫には宝箱がふたつ置いてある。紅い宝箱と蒼い宝箱だ。
宝箱自体は二つともオブジェクトの宝箱(基本① P344)である

紅い宝箱には鍵A(基本① P340)と毒針(基本① P341)が

蒼い宝箱には鍵A(基本① P340)とエクスプロージョン(基本① P341)がかかっている。

中身は紅 ハイHPポーション(基本① P162/IG P61)が一本
   蒼 「スカ」と書かれた紙きれが一枚
である。

⑨執務室
執務室には不気味に輝く巨大な紅い石が置いてある。これが瘴気の大本らしい。
そして紅い石の後ろには扉があるのが分かる。
中に入るとちょうど後ろの扉が開く。
「ほう、まだ残っていた神官がようやく墜ちたので話を聞き出して来てみれば、
もうこんなところまで来ていましたか。ネズミめ、この場に侵入した罪は重いぞ。
ここで死んでしまえ!溜めこんだ瘴気のチカラ、ここで味わってもらう!!」

戦闘になる。
PCは1エンゲージ 5m離れたところにインプ(基本① P323/EG P143※Aタイプ)が3体1エンゲージ、10m離れたところにヴァンパイア(基本①/EG P70)

「バ、バカな…なぜ…この私が…ニンゲンなどにっ!」

紅い石を破壊し、扉(出口である)から脱出した時点でダンジョンはクリアである。
エピローグに進むこと。

エピローグ
「いや、みんな助かったよ。礼を言う。」
あれから三日、瘴気が供給されなくなったことで流れる水が瘴気を呑みこんでいくかのように、
街は安息を取り戻し、人々も正気を取り戻した。
人々は口々に君たちをたたえ、英雄に感謝の言葉を投げかける。

こうして、一つの物語は終わり、冒険者たちは大きく成長する。
未来はどうなるのかまだわからない、だが、今大空に輝く太陽が君たちを祝福しているような気がした。
                         FIN

アフタープレイ
ミッションに成功した     5点
エネミー、トラップ      可変

登場したトラップ(宝物庫の中以外にトラップは存在しない)
鍵A        レベル1
毒針        レベル1
エクスプロージョン レベル2

登場したエネミー(ルートによって戦わない相手もいるので注意)
スケルトン    レベル2
スライム     レベル3
ブロンズゴーレム レベル3
インプ      レベル5
ヴァンパイア   レベル5


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る