【艦これorネクロニカ】深海からの訪問者 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「深海からの訪問者」
システム名「艦これRPG or ネクロニカ(参考例は後述します)」

…ここは,どこ?
温かくて,そして,冷たい……


史実の艦船の如く,艦娘としても海に沈んだあなた達。
海に沈んだその後は,深海棲艦へと姿形を変えると言われていた。
しかし,姿を見てみるとどうだろう。沈む前と,何一つ変わっていない。

望む希望はただ1つ。「元いた鎮守府に戻りたい!」

――これは,絶望の海底から希望の空を目指す者たちの物語。


このシナリオの活用例

艦これRPGとして:艦娘として,轟沈前にいた鎮守府へと戻ることが目標です。
途中に深海棲艦との攻防が繰り広げられることでしょう。シーンは基本的に
その場の雰囲気にあったものにすべきですが,平常シーンも含めましょう。その場合,
艦娘として陸にいたとき,空を眺めたときのことを思い出すものとすると雰囲気が出ます。
また,もしかしたら深海棲艦側にたち,轟沈した艦娘に逃げられないようにすることを
目標に遊ぶこともできるかもしれません。
もしかしたら,これは夢オチなのかもしれません。提督であるあなたがその真実を
選択してください。

ネクロニカとして:あなた達はドールです。だからこそ,海に沈んでも平気ですし,
姿形が変わるわけがありません。では,どうしてこのような場所にいるのでしょう?
1つの考え得る答えとしては,「生前,艦娘だった」というものでしょう。その場合,
島々を見て当時の激戦を思い出すかもしれませんし,深海棲艦と対峙したら轟沈したときの
記憶を思い出すかもしれません。ネクロマンサーであるあなたが判断してください。
望むのであれば,あなたの作ったドールは失敗作だから,海底に捨てた,ということにして
艦娘と無関係にしても良いでしょう。その場合,なぜ彼女たちに艦娘の記憶が芽生えているかは
謎ですが。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る