サイキックハーツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このシステムの特徴

人の魂の奥底に眠る邪悪な別人格「ダークネス」
彼らは人が負の感情に包まれることで『闇堕ち』を引き起こし
その肉体を奪い取ることができる。

実体を得たダークネスは複数の種族に分かれて組織化し、
暴虐たる本能と将来のサイキックを駆使し、人類を支配していた。

だが、人も支配されるままではなかった。

東京都武蔵野市にて、超機械サイキックアブソーバーが稼働を開始したからだ。
ダークネスが能力を維持するために必要なサイキックエナジーを吸収し、
日本列島を残して枯渇した。
そのせいでダークネスは大混乱に陥り、人類の抵抗を許したのだ。

また、灼滅者(スレイヤー)と呼ばれるダークネスに肉体を奪われることなく
自らの自我によってサイキックを行使できる人間がいる。
彼らは、ダークネスによって出生とおもに皆殺しにされていた。
だが、ダークネスを襲った大混乱、そして出生率の増加が合わさり
子供たちの多くが無事に生育を果たした。

そして今、灼滅者達は高校生になるまで成長し、『武蔵坂学園』へと集う

サイキックハーツRPGはそんな灼滅者達になり、
青春したりダークネスたちとの戦いを繰り広げるTRPGです


システムデータ

ゲームデザイン:遠藤卓司/F.E.A.R.
発行社:富士見書房
公式サイト:こちら
ルールブック:
+ ...

シナリオ案

シナリオ シナリオ
13 【サイキックハーツ】腐食せぬ恨み 現代に甦りし天保の乱OfTheDead by夜鳥owl