【CoC】醜き革命の守護者 by白亜紀

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高貴さというものはやっかいである
それを鼻にかけ
それを振りかざす

しかし、天保の乱の大塩平八郎のように
人格者も存在する。
死を迎えてしまう。

それは人でなくとも同じである。
そのモノは人を愛し人を守るジン格者であった。
カレは人のために

権力という甘美さに酔いしれたものを
止めるために動く。
死が待ち受けていようとも

クトゥルフあたり
「醜き革命の守護者」


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る