【ARA2E】反逆の監獄攻略inバレンタインデー byすずり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「反逆の監獄攻略inバレンタインデー」
システム:ARA2E

ある日あなた達のギルドに、見るからに不審な雰囲気をもった男が訪れた
その男はあなた達の腕を見込んで「とある仕事を依頼したい」と言ってきた

あなた達はその男のあんまりな雰囲気に無意識に怪訝な反応を示してしまった
するとその男は「報酬は正規の仕事より大幅に弾もう。話だけでも聞いてくれないか」と言う
メンバーの一人が「聞くだけ聞いてみよう」と提案すると男は一言礼を言い依頼の説明を始める

男の依頼の内容はこうだ
「俺の所属していた盗賊団が、協会からの依頼で来たとあるギルドによって一網打尽にあってしまったんだ」
「そのメンバーがどうやら協会のとある監獄に全員入れられてるらしいんだ」
ここでギルドメンバーの何人かが最近類似した話を聞いたような気がした

男は話を続ける
「もう依頼は理解してもらえたとは思う。俺の所属していた団のメンバーを救い出してほしい」

ギルドメンバーの面々の結論は皆同じようだった
リーダーが「悪いが断らせてもらう。帰ってくれ」という

しかし・・・

「まだ話が繋がってないのか、こんなやつらに潰されたのか俺の団は」と男は言い放つ
「俺がこないだお前たちが潰した盗賊団のリーダーだよ」と言い男はギルドリーダーに組付きナイフを突きつける
その一連の動作にメンバーの誰一人も反応ができなかった
それほどまでの明らかな力量差を目の当たりにした
「さて、お前らには俺に協力してメンバーの救出をしてもらう。返事はわかるな?」
男はギルドリーダーの首の肉に少しナイフの刃を食い込ませる

ギルドメンバーはほぼ同時に声を出す

「・・・はい」


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る