【ARA2E】ザンザスの野望 桃源郷XXX救出指令! お返しは正義の元に byニャギ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「ザンザスの野望 桃源郷XXX救出指令! お返しは正義の元に」
システム アリアンロッド2E

今回予告

ザンザスという男がいた。彼はパッとしない男であった。
だが、彼にはとんでもなく深いよこしまな欲望があった。
それは自分だけの桃源郷を作り、欲におぼれた生活をすること。
彼のための酒池肉林。
そう……幼女に溺れた彼の理想郷だ。

こんなうら・・・許しがたい事を許しておくわけにはいかない。
君たちの元に依頼がもたらされた。

                冒険の舞台が君を待つ!


ネタバレのため反転
オープニング:
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)、はなしをきいてくださいっ!」
今日も今日とて依頼を探そうとやってきた君たちのもとに数人の少年たちが声をかけてきた。
少年たちは10歳くらいの少年少女たちのグループで遊んでいたヴェノマニア少年のグループだ

「アカツキちゃんたちがいなくなっちゃったの!」
「ヒビキちゃんが連れて行かれちゃったの!」
「急に大好きな人のところに行くって言っていなくなっちゃったの!」
「イカズチおねーちゃんもいないの!」
「イナズマちゃんもなのですっ!」

少年たちの話をまとめると

・一緒に遊んでいた幼女たちがいなくなってしまった。
・幼女たちは基本的に「大好きな人のところに行くと言っていなくなってしまった」
・幼女の中にはボーイフレンドがいた幼女もいた。
 むしろヒビキのボーイフレンドは声をかけてきたヴェノマニア少年だ。
・幼女たちはみんな同じ場所……街から子供の足で1時間くらいのところにある廃城
 「キャッスルオブロウニンギョウ」に向かっていったという。
・大人たちもキャッスルオブロウニンギョウに向かっていったのだがなぜか暫くすると帰ってきてしまう。 そしてそのことを気にした様子もない。

「おねがい、ヒビキちゃんを、みんなを取り戻して!
いきなりみんながいなくなるなんておかしいよ!
ぼくたちだけじゃなくて他のグループの女の子もいなくなってる!もう15人だよ!」
「ぼくたちみんなのお小遣い、集めてきたんだ。どうか…おねがいだよ!!」

依頼料は少年たちに出せる最大の限度額なのだろう。最低価格の小銭ばかりで500Gほどが集まっている。
「それと……」
ヴェノマニア少年は君たちに光る石を人数分渡してくる。
「これ……お守り。心を守ってくれるって言い伝えがある、石。」
「ぼくも行くからな!ヒビキを助け出すんだ!」

ヴェノマニア少年は置いていくこともできるがこっそりついてくる。
その場合はミドルフェイズのイベントの直前にヴェノマニアを発見するイベントを挿入すること。
PLがキャッスルオブロウニンギョウに向かった時点でシーンを修了する

プロローグ シーン2 マスターシーン
「私の大事な娘を返してもらう!」
完全武装の男はキャッスルオブロウニンギョウの入り口に立っていた。
「さぁ!行くぞ!」
そういって入口の扉に手を賭けようとした瞬間、赤い光があたりを満たす。
そして次の瞬間
「いや、何を言ってるんだろう?ザンザス様のところに娘が行くのは当然じゃないか。
ザンザス様の酒池肉林に参加できるなんてなんて幸せなことだろう。」
男は回れ右して帰っていく。その顔は晴れ晴れとしていた。

「ふほっ!全く、いくら来ても無駄だってわからないのかなあ」
でっぷりと太った男が軽薄そうな笑みを浮かべる。
「ボクが手に入れたこの指輪のチカラさえあればボクに逆らうなんてできないのにねえ」
そう言って笑うザンザスの傍らには裸のままワインの注がれたグラスを持った少女の姿があった。
「ヒビキ、君は本当に可愛いねえ……うん、大丈夫、20人の生贄……無垢なる少女の魂を捧げればボクは神にも匹敵する力を手に入れられる。
そうしたらボクに逆らえるものは本当にいなくなる。だからもうちょっと待っててね!ちゃんと結婚してあげるからね!
そうしたらボクの願う酒池肉林の始まりだーっ!XXX-RATEDの世界だーっ!!」
ザンザスはそういって狂ったように笑う。
そしてヒビキは目からハイライトの抜けたままザンザスに微笑みかけた。

ミドルフェイズ
キャッスルオブロウニンギョウにたどり着いた君たちの前に赤い光が広がっていく。全てを呑みこむ赤い光が煌々と照射されるが君たちには何の変化もない。
そして君たちがもらったお守りが青く輝いている。
だがヴェノマニア少年は違うようだ。
「あれぇ?なんでぼくはヒビキを取り戻そうとなんて思ったんだろう?
ザンザス様がいるんだからそんな必要はないじゃないか。
おっかしいなあ?」
PCたちが何を言っても言葉を翻すことはなく、ヴェノマニア少年は街へと戻ってしまう。

キャッスルオブロウニンギョウに突入しようとするとイベント
「おかしいなぁ?なんであいつら入って来れるんだよ!」
「まあいいか……どうせここまでたどり着けずにあいつら死ぬし。
この城は指輪のチカラでダンジョン化してるからねえ!
最上階の少女の間まではどうせたどり着けないさ!」

ミドルシーンはランダムダンジョンになっている 2Fまで。
1階層クリアごとにHPポーションとMPポーションを1個ずつ入手する。
Aのカードからはスペードのカードは除いておくこと。
2Fを突破して3Fでクライマックス。
3Fは1フロアでスペードのAとなる。

3F イベント
そこにはいなくなったという15人の少女のうち11人がそこにいる。
全員瞳にハイライトはなく、なんらかの影響下にあるのは間違いなさそうだ。

そしてその先、玉座のようになっているところからでっぷり太った男が降りてくる。
「お前たち何しに来たっ!なんでここまで来れる!!なんで死んでないんだ!!」

「こうなったらこのボクちんが直々にお前らをぶっ殺してやる!
この指輪のチカラさえあれば簡単なことだ。
みんな、ボクの酒池肉林の為に力を貸して!一緒に一生いちゃいちゃしよう!」
ザンザスの周りにかしずいていた裸の少女4人が一斉に立ち上がった。
目に光はないが、彼女たちは全員君たちに攻撃する意思を見せた。

クライマックス

勝利条件:ザンザスを倒すこと
少女たちはHPが0になると即座に死亡する。このことは必ずPLに伝える事。

ザンザス
分類:人間 属性:- レベル:5 識別値:9
能力値
筋力 19/6 器用 18/6 敏捷 10/3 知力 2/0 感知 12/4 精神 14/4 幸運 8/2
攻撃:ザンザスパンチ(格闘/双) 10(2D)/18(3D)/白兵(物理)/至近
回避:2(2D) 防御 11/3 HP 52 MP 24 行動:7 移動:11
エネミースキル:
《全員攻撃》1:メジャーアクション 至近の範囲(選択)に攻撃できる。このスキルは1度使用すると次のラウンドが終了するまで使用できない。
《指輪バリア》1:ダメージロールの直後 ダメージに-2Dする。このスキルは1シナリオに1回だけ使用できる。
《指輪の加護》1:パッシブ 全能力値が上昇する。知力が2以下の場合は2まで上昇する。

ドロップ品   ~3  なにもなし
       4~8  ザンザスの腹当て(100G)
       9~11 幼女の装飾品(50G)×4
       12   謎の指輪(200G)

4人の少女は全員ソードマン(EGP49)のデータから(モブ)を削除し以下のスキルを追加したものとなる。またエネミーレベルに+1する。
イカズチ 《私がいるじゃない!》1 タイミング:判定の直後 判定がファンブルだった時に使用、その判定を振りなおす。このスキルは1シナリオに1回使用できる。
イナズマ 《イナズマの本気を見るのです。》1 タイミング:ダメージロールの直前 ダメージロールに+1Dする。 このスキルは1シナリオに1回使用できる。
ヒビキ  《ジョイフル・ジョイフル》1
アカツキ 《ファイトソング》1

エピローグ:
「そんなあっっ!ボクの!!ボクの桃源郷が!!酒池肉林が!!
これからヒビキたんと結婚してボクの爛れた生活があああああああああ」
ザンザスが倒れると少女たちの瞳に光が戻る。
裸だったことに反応を返しながら服を羽織って街へと帰っていく。
街では大人たちやヴェノマニア少年も正気を取り戻している。

全員が生きていた場合の追加。
「ヒビキ!」「ヴェーノ!」街に戻ると二人が抱き合っている姿が見える。
そして解放された幼女と仲間の少年たちから賛美が雨あられと降り注ぐ。
また、幼女たちの両親などから礼金として合わせて1000Gが支払われる。

アフタープレイ
経験値などのデータはランダムダンジョンの中身によって変更される。
ただし、「ミッションに成功した」の経験値が10点に満たない場合は10点とすること。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る