【指定なし】大人のお菓子 by鈴野涼華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼の国に民衆からとても敬愛されている賢い王がいた。
掟を定め、民を守り、誰にでも分け隔てなく優しく接する人物だ。
彼自身について、一つ難点をあげるとすれば、何事に対しても少し心配し過ぎてやり過ぎてしまうことがあるところだろう。

今、この王を悩ませている問題がある。
それは、彼の兄についてだ。
兄も優れた人物であるのだが、無類の酒好きであると同時に、酒乱なのだ。
王は、何度も兄に忠告したが、改善しない兄の態度を見て、最終手段として、「禁酒法」を打ち出したのだ。

これに困ったのは、この国に住む大人たちだ。
「これでは、商売あがったりだ」と嘆いていた酒蔵の主たちに「歌集」というお菓子屋の職人が手を差し伸べた。

彼は、キャンディの中央に空洞を作り、そこにお酒を入れ、「メロディ」という商品名で売り出したのだ。
「子供の食べ物」と思われがちなお菓子にお酒を隠すという妙案は王の目を出し抜き、大人達の為の趣向品となっていった。

しかし、王は騙せても、お酒に目がない王の兄を騙すことはできなかった。
彼は「歌集」からメロディを買いあさり、在庫をなくしてしまった。

「このままでは、本当にこの国からお酒が消えてしまう」
危機感を持った大人たちは、君達に王の目にばれないよう、王兄からメロディの奪還を依頼した。

シナリオ名:「大人のお菓子」を取り戻せ!

…お酒、たばこは成人してからお楽しみくださいw…

システム:指定なし


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る