【指定なし】仮想便り byいてはな


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PC1はクリスマスイブに変なものを拾った
それは「かそうだより」と書かれた1つの封筒と、それに入っていた手紙だった。
それの中には一枚の紙が入っていて、こうかかれていた
「その手紙で文章を書くとその返事が浮かび上がってくる」
あなたがそれを使って友達への文章を書いてみると、確かに書いたことへの返事が友達の筆跡で送られてきた
しかし、そんなあなたの元にひとつの手紙が送られてきた
「あなたは知ってはいけないものを知ってしまった」
そしてあなたはその手紙の主を探し始める、仮想便りを使いながら
そしてあなたは知ってしまう、真実を
悪夢であってほしいものはいつも現実である・・・

システム不定


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る