【MM】もう1つの武勇伝 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「もう1つの武勇伝」
システム名「モノトーンミュージアム」

君たち紡ぎ手の元に,故郷の親友から1通の手紙が届いた。
彼は凡骨ではあるが,君たちが紡ぎ手であることに対して否定的な色を示さない,とても稀な人であった。

「タス…ケ……テ…………」
封筒に書かれた,赤い文字。
「―友は,もう1つの武勇伝を作りあげたのでした。めでたし,めでたし」
手紙に書かれた御標は,とても古臭い,ありふれたものであった。
それは凡骨,一般人に対して宛てられたのだろう。その友は,君たちのことか?
……ただ1つ,血で書かれていたことを除けば。

モノトーンミュージアムRPG「もう1つの武勇伝」
―かくして,物語は紡がれる。


シナリオ構築のヒント:
○御標はなぜ,血で書かれていたのでしょう?
友人が死んでしまったのでしょうか?あるいは,他人が死んだのでしょうか?
では,なぜ死んでしまったのでしょうか?
この解答によって,物語の誘導方法が大きく変わってきます。

○これは歪んだ御標でしょうか?
手紙の御標は歪んだものでしょうか?それとも正しい御標でしょうか?
歪んでいるのであれば,正しくはどうなるべきなのでしょうか?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る