【SW2.0】ラクシアへようこそ。金の珠 by薄塩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SW2.0
タイトル:ラクシアへようこそ。金の珠

昔のパーティメンバーのリルドラケンからお誘いを受けた。
ある商家の跡取りと結婚し、今頃は夫婦仲良く商売に励んでいると思っていたが…

そいつの家に着くと早速歓迎を受けた。
なんとおめでたらしい。しかも生まれた卵は金色に輝いているようだ。

きっと祝福された子だと、夫婦も今から子供の将来のことなんか話し合っている。旦那なんて子供の名前を何十も考えたぞ、と自慢げだ。
「ゼミナスなんてどうだ?遠い異国の地で教育という意味らしい。立派な後継になるには色んなことを勉強しなきゃな」
言ってることは立派だがすごく甘やかして育てそうだぜ…。

そんなこんなで宴に誘われたり昔話に花を咲かせたりで、しばらくはこの街で過ごすことになったが…

数日経ちそろそろ拠点の街に戻るかと準備していると、旦那が非常に焦った表情で宿に飛び込んで来た。
「卵が…卵が奪われたんだ。たのむ!俺たちの金の卵を取り返してくれ!」

旧友の大事な子供を誘拐するなんて輩は許しておけない。なんとしても取り返し、犯人にはお灸を据えてやるぜ!