【ARA2E】不可視の雷鳴 byベイダー郷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回予告
草木も眠る丑三つ時。突如として重たい轟音が鳴り響いた。
それは一瞬光ったかと思うと、同時に大きな振動を起こし、寝静まっていた君たちを叩き起こす。

ここは小さな国家。国の風土的に雷の起こりやすいこの国では、落雷や雷鳴は日常茶飯事だ。
だが、今回のは今までに無いほどの大規模な雷鳴と衝撃だった。

後日、国の人間が被害を確認しようと国内の散策を行なった。しかし、不思議なことに、どこにも雷が落ちた跡が見当たらないという。
現場が抑えられないのではどうしようも無い。最初は国中で話題にこそなるものの、事件としては扱われなかった。

そして、その日を境に連日に渡り大きな雷が落ちたような現象が起きるという事案が発生。いよいよ国民の不安も募り始めたところで君たちに捜査の依頼がやってきた。
あの光や轟音、振動はなんだったのか……正体を探るため、君達は行動を開始する。

アリアンロッド2E「不可視の雷鳴」
冒険の舞台が君を待つ!


【概要】
あなたの暮らす国(もしくは、同じパリス同盟に属する隣国)で大規模な落雷が連日起きるという事件が発生します。
しかし、その落雷の跡が見つかる気配はありません。原因究明のため、あなた達は動き出します。

何かの儀式の影響で雷が起きたというのでも良いですし、単純に雷を操るエネミーを出しても良いでしょう。
しかし、もしオリジナルエネミーを用意するなら名前をユピテルにするのが良いかもしれません。「Jupiter」の別名がユーピテルで、異常気象の神(主に雷)だからです。


VIP:2ちゃんのVIPから。板で様々な会話が繰り広げられる事から「話題になる」と広義に解釈。
Little:小さな国と解釈。
Jupiter:ローマ神話の神ユーピテルから。ジュピターとも呼ばれ、天空の神が転じて異常気象(特に雷)を司る神とされた。