【DX3rd】永遠に赤い焔 byけろけろ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名:永遠に赤き焔

青森県のとあるUGN支部。
そこは他の地区とは違い、ほとんどジャームが現れず、FHも目立った動きをしない。
そんな落ち着いた、平和な場所だった。

――だがそれも表面上だけだった。
秋に入り葉が赤く染まる頃に、雪が降り始めた。
それと同時にジャームが街に、文字取り『湧き始めた』
UGNとFH、双方ともに同意し"今回だけ"事の対処に当たることとなった。

そんな状況の最中、街が見渡せる場所で一人、ローブの男がこう呟いた。
――――×××の爆発、もう始まっていたのか
男は錆びた刀を持ち、戦場へと赴く。
その目は遠く、長く、この時を待ちわびたように……