【MM】予知夢 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ名「予知夢」
システム名「モノトーンミュージアム」

紡ぎ手にも人脈は必要である。それは仕事仲間のみの縁だけでなく,様々な国の者との関わり,故郷の友人とのつきあいも含まれる。
ある日,君たちの親友から1通の手紙が届いた。


私は夢を見た。

絶望的な夢だった。

「人々は本来の暮らしを取り戻したのでした。めでたし,めでたし」

その言葉を皮切りに,周りの人々が不可解な姿に変わっていった。
親友も,親も,私を除く全員が,変化していった。

変わり果てた姿は,頭に毛が3本,真っ白な外見に大きな目と口。手足は小さく,
足にいたっては指3本。等身もおかしく,もはやこの世のものではなかった。

そして,その夢の最後に,不思議な声が聞こえた。

「運命は収束する。イプシロン-デルタの収束に抗え。さすれば世界は救われん」

冗談のような夢だが,どうもこれは正夢になる予感がするのだ。
頼む,君の力でこの夢が正夢にならないようにしてくれないか。


君たちは故郷に戻り,親友の願いを叶えに行くのであった。

モノトーンミュージアムRPG「予知夢」
-かくして,物語は紡がれる。