【ネクロニカ】愛しの女神様 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-さあ,可愛い可愛い女神様,天使様,終わった世界へようこそいらっしゃいました。

君たちが目覚めた場所は,不気味な廃工場。
鉄のスクラップが高く積み上がり,生産ラインも止まっている。
機械も埃を被っており,壁は今にも崩れそうであった。
それはもはや,人類の存在を否定しているようであった。

-皆様がより可愛く見えるよう,素敵な世界をご用意いたしましたよ。

工場から一歩,外へ出る。
するとそこには,色とりどりの花が咲いていた。
真っ赤な薔薇,黄色い花と葉の緑が鮮やかな菖蒲,薄紫の杜若。

-でも皆様,覚えていらっしゃいますか?

綺麗な薔薇には棘がある。
その風景に,君たちは"何か"を思い出す。
思い出したくない,何かを。
花と愛人に纏わる,何かを。

-愛しの女神様,天使様。早くこちらにおいでになってください。
 おいしいおいしいお茶菓子を,ご用意していますよ。

永い後日談のネクロニカ「愛しの女神様」

-皆様なら,"門番"も容易く倒せますよね?
 そうでなくても,足掻く皆様もきっと可愛いことでしょう。