【COC】NO Fiction by碧虚


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気づけば暗い森の中一人。
自分は一体何をしているのだろうか。何をしていたのだろうか。
軽い頭痛に悩ませられながら回想する。

たしか、自分は自宅で友人らと、そうだ、ゲームをしていた。
そのゲームでは、狼の風体をしていた怪人に襲われ、
友人はエクスカリバールと呼んでいた血塗られたバールを持って立ち向かっていた。
そう、今手元にあるような血塗れの錆付いたバールのような…。

待て、そうだ、ゲームでも夜の森の中を走って逃げていた。
今も逃げている。「何」から?後ろから聞こえてくるのは「何」の吐息だろうか。
振り向きたくない。自分は振り向きたくない!でも「何」かが追ってきている。
確認したい。「何」でも無い小動物だと確認して安心したい。そう確認する為に振り向きたい!

相反する二つのうち、勝ったのは振り向くという意思。
そうして走りながらも振り向いた先には…。

白。「何」の白?並んでいる鋭い歯の白。
赤。「何」の赤?舌の赤。肉の赤。誰かの血の赤。
臭い。「何」の臭い?獣の臭い。獣が「何」かを喰らった臭い。

あぁやっぱり。そんな諦めと絶望が胸を満たす。
それでもという怒りと足掻きが足を動かす。
そして口から漏れ出たのは
「あぁあアAh、誰か誰か誰かたすk…」

クトゥルフ神話TRPG『No Fiction』

創作は現実に。現実は創作に。
されどもこの現実にはリセットボタンもコンティニューも存在していない。