【ネクロニカ】帰る場所 byチャッピー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶の欠片を求めて旅を続けるドール一行。
奇妙な施設や屋敷、廃れ切った廃墟を歩いてる・・・わけではなく、今は知能があるアンデットが集まってできた高い壁に囲まれた集落の中に居る。
少し前、ドール一行が強いアンデットと戦闘でボロボロになっていた所を、集落の一人に助けてもらい、かれこれ3日経過した。
そろそろ旅を再開させようと準備してると、集落の長がこう言った。

「君たち、もうしばらくこの集落にいてほしい」
「どうしてですか?私たちは1日も早く、記憶を取り戻して、同じ思いをしているドールを助けたいんです!」
「すまないが、答えはNOだ・・・。実はこの集落を狙ってるサヴァントがいると情報が入った」

長は戦闘ができる高知能なドール達を先に進ませる気はないようだ。
仕方なく引き受ければ、長は武器倉庫へと案内し、必要であれば強化に使ってくれと言った。
ジョギリ、ライフル、ライトセイバー、エクスカリバール・・・いろいろ揃ってそうだ。

その日の夜、ドンッ!と何かが爆発する音が集落に響いた。
それも1度ではない、2度3度と音と振動が伝わる。
壁の上に登れば、爆弾のような物を付けられた狼と、指揮官の風貌のアンデッドが見える。

「あーあー、テステス・・・ここに立て篭ってるクソアンデッド共に次ぐ。
俺のご主人サマが、此処が気に入らないみたいなんで、早く降参して部品になれよコノヤロー」

永い後日談のネクロニカ【帰る場所】
「どうしたの?早く倒さないと壁が破壊されて敵が来ちゃうよ?」
「ちょっと引っかかる点があるんだ、この集落・・・何かが可笑しい」

※エネミーデータは最果ての戯曲【ドックテイマー】【ドギーボム】を参照。
無理な場合、ネメシスに【起爆スイッチ】(ライフル)やハウントに【ゾンビボム】を入れて調節を