【SW2.0】呑み込まれる群衆 by風船花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はぁ~ 今日も特にやることないなぁ~」
学生の休みは基本的に暇である。しなければならないこともないため,どうしても大好きなゲームに夢中になってしまいがち。
今日もまた,ゲームに没頭する1日を過ごすことになる…と思っていた。

「た,助けてくれえええ!」
パソコンからいきなり,助けを求める叫び声が聞こえた。
何かのバグなのか,それともゲームの驚かせ要素なのか。特に気にせず,続きをしようとした,その時。
目の前に不可思議な穴が開き,その中に吸い込まれていってしまった

「…ここは……?」
気が付くと,見渡す限りの大草原。気色悪い生物がちらほらと見つかり,そのうちのいくつかは他の人と戦っているようだ。しかし,どうもこの生物には見覚えがある。
ふと,自分の体を見てみる。部屋で着ていたものとは全く違う衣装に身をくるんでいる。その衣装はまるで,ゲームでプレイしていたキャラクターが着ているものとそっくりだった。

「あなたも,来てしまったのね…」
突如,後ろから声が聞こえる。
「あのポータルゲートに吸い込まれてたどり着いたここは,ゲームの中の世界。幸いにも,ゲームのキャラが使える魔法は使えるようだけど」
そう言って,彼女は背を向け,例の生物を指さす。
その指先には,小さな火の玉ができ,次第に大きくなっていく。
「…ね?私もあのゲートに吸い込まれたんだけど」
火の玉が放たれる。生物に当たると黒く焦げ,たちまちにしてその場から消え去った。
「さて,現状を理解したと思うから,ここから本題。どうやって元の世界に戻るのか,協力して探しましょう」

ソード・ワールド2.0「呑み込まれる群衆」
-かくして人は次々に呑まれゆく。
 戻る道はただ1つ。その1つを賭け,人は時に手を取り合い,時に手に掛け合う。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る